読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kali Himagsikan’s blog (カリ ヒマグシカン)

横浜で、フィリピン武術(FMA) カリ、やってます。スティックと、ブレードと拳と、クロスカルチャーと。

BenのCTテスト

 【 「伝える」ための工夫 】

 

KHふたり目のCT(Certified Trainner)テスト受験者は、Ben。受験科目は、PTIブルーブックの最初のモジュール、Kickboxing & Temperingです。

先生の見ている前で本物のビギナーの生徒さんにすべてを教えて、見せ、指導し、質問を受けます。WhatとHowだけでなく、WhyとWhenを説明して生徒さんの理解を深めなくてはなりません。

 

今回のBenの課題は、もちろん正しく教えることですが、コミュニケーションも重要なポイントでした。なぜなら生徒さんは、母語が日本語であり、Kaliもまだまだビギナーだからです。

 

お揃いのKH Hoodieでw
f:id:kalihimagsikan:20161212133048j:image

 

どうしたら理解が深まるかは生徒さんごとにまるで違います。

言葉を変えて話せばわかるのか、身体で動きを示せばわかるのか。言語が違うならどうする?また体がどういう風にできていて、どの部分を動かせばスムーズにいくのかも理解し、かつ示さなくてはなりません。伝えるには多くの知識と工夫がいるのです。

言語が違い、かつ緊張している中で、Benは根気強く自分の学んだことを伝えたと思います。

 


f:id:kalihimagsikan:20161212133113j:image


f:id:kalihimagsikan:20161212133137j:image


f:id:kalihimagsikan:20161212133155j:image

 

朝8時に始まって、終わったのは13:30過ぎ(!)。時間はかかったものの、無事合格!これからCTとしての新しい歩みが始まります。

 
f:id:kalihimagsikan:20161212133214j:image

 

先生からのフィードバックは、テスト終了後に口頭で伝えられましたが、翌日メールにまとめて送ってくれました。A4にしてビッシリ2枚分。それに対するBenの対応を今月中にまとめる宿題が出ています。

 

教えることは学ぶこと。きっとBenは日々のトレーニングも違った角度で見ながら、違った姿勢で、CTとして参加していくようになるはずです。 

 

ハードルは高い。でも、挑戦する価値はあります。

私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちら 

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

広告を非表示にする