読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kali Himagsikan’s blog (カリ ヒマグシカン)

横浜で、フィリピン武術(FMA) カリ、やってます。スティックと、ブレードと拳と、クロスカルチャーと。

みんなでお泊り(笑)- Outdoor Adventure 2

【 Play Hard パート:貢献って難しい? 】 

 

イベントのたびに、我がKH(カリヒマグシカン)は、幸運に守られ、人に恵まれてるなぁと思います。

 

駅に到着したときは土砂降りの雨。予報より早く雨雲が来ちゃった感じ。でも、幸運にもトレーニング用の屋根付きの場所がみつかり、始まってすぐにはお天道様が顔を出した!ペイントボール、BBQ、夜のキャンプファイアでのトレーニング、と寝るまで雨はなく、涼しくて気持ちの良い気候になりました。

 

そして、何よりもみんなのContributionが素晴らしい!

 

先生とGabeは、自慢の肉料理やビーンズ料理を作ってきて。Markは大量の買い物を引き受け、夕飯のチーズバーガーやホットドッグ、朝食のパンや卵から、手を洗うためのウォータージャグ、飲み物用の大きなクーラーまで、至れり尽くせり。Deeはコーヒーを作るためのガスバーナーやカップを持ってきてくれて。YoshiやRioは飲み物やおつまみを持参w

 

私はといえば、Play Hardパートは何よりも自分がまず楽しまないとね、が信条。自分が楽しくなければ、他者を楽しませることなんてできないし、自分が楽しんでないのに、他者を楽しませようなんておこがましい!と思うのです。

 

で。

 

ペイントボールは以前、真狩の先生にいただいたカモの上下を着てカタチから入るぞ!と前日にいそいそと準備。BBQでは、今月のお誕生日MarkとYoshiにサプライズケーキを作るぞ!と材料をネットで購入。前日に全部解凍して、小さなクーラーに入れて持参。即席だけど隠れてコソコソw作ってて楽しかったし、みんなの笑顔も見れたから30倍くらい嬉しくなる。

 

全身カモ

f:id:kalihimagsikan:20161024153807j:image

サプライズケーキ

f:id:kalihimagsikan:20161024231046j:image

肉と、肉と、肉w 

f:id:kalihimagsikan:20161025193144j:image

f:id:kalihimagsikan:20161025193158j:image

f:id:kalihimagsikan:20161024231154j:image

 

Contributionを日本語に訳して「貢献」っていうとかしこまっちゃって、すごいことしなくちゃいけないような感覚に陥るけど、私が感じる英語の"Contribution"のニュアンスは、なんというか、う~ん、「みんなのために」というはもちろんだけど、もっと日本人お得意の「おもてなしの心」とか「気配り」とか「察する」とかといったエッセンスが入っている気がする。みんなが成長するように、みんなが楽しめるように、結果としてチーム全体が向上するように、自分ができることを考えて、自分の手を進んで、喜んで提供する。そんなシンプルな感じでいいと思うのです。何も持ってこなくても、自分の手と時間と汗を提供する。声がかかるのを待ってないで「自分には何が手伝える?」と自分から聞くことがContributionの始まりではないかと思うのです。

 

それはチームの運営に関することでも、先輩後輩としての在り方でも、そしてもちろん遊ぶ時でも。

 

夜のトレーニングのあと、またBBQに戻り、みんなの「これまで話したことないけどみんなに共有したい話!」で大盛り上がり。全員がこれまで出会った興味深い話しを英語なり日本語なりで伝えあい、2:30am頃まで話してたらしい(私は1:30amで、先にバタンキュー)。

 

電燈がなくて暗いから各自のフラッシュライトが大活躍。使い方もあっという間にうまくなった。文明を離れた自然の暗がりの中でみんなの気持ちも近づいたかな?

f:id:kalihimagsikan:20161024231319j:image

 

泊まったのはここ。

f:id:kalihimagsikan:20161024231413j:image

 

そして翌朝。すべての朝食の食材とGabeが消えていた!カラスか?狼か?とみんなで探していたら、なんと、Gabeは早朝に一旦自宅に帰り、全員分のメキシカンブリトーを作って、できたてを運んでくれたのです。本当は日本人以上に本当の「おもてなし」の心を知ってるんだよなぁと感じる一幕でした。

 

日本語の訳と英語本来のニュアンス。違うものはもっともっとたくさんあります。KHでそんなことも実感してください。

私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com