読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kali Himagsikan’s blog (カリ ヒマグシカン)

横浜で、フィリピン武術(FMA) カリ、やってます。スティックと、ブレードと拳と、クロスカルチャーと。

Train Hard, Play Hard in Philippines 3

【気分は、明日のジョーw】

 

フィリピンフィールドトリップ前半戦最後のイベントは、ボクシングジムに行き、本格的なトレーニングをつけてもらうこと。

 

f:id:kalihimagsikan:20160511115858j:plain

 

PTIのテストの一番最初に、「テンパリングとキックボクシング」という項目があります。素手で戦わなければならないときに必要な項目であり、またたとえビギナーであっても戦いに備えて自分を守るすべ(Self-defense)を知っておくべきという考えがあります。

昨年、インストラクターJayson Vemoaにお出でいただきKick Boxingのトレーニングをしていただきましたが、KHでは、自分のカリをさらに向上させるために、KALIやFMAだけにこだわることなく、様々な専門家から教えを乞う機会もたくさん共有できればと思っています。

 

で。

 

私にとっては初の本格的ボクシングジムでのトレーニング。頭の中では、明日のジョーの曲(サンド〜バァックに〜♪浮かんで〜消えぇぇるぅ♪)が流れ、闘志満々。

ひとりずつ手にテーピングをしてもらい、ウォームアップ開始。なわとびも入っていっぱしのボクサー気分。その後、一人に一人、丹下段平トレーナーがつき、別々のメニューをこなしていきます。

私はまずは正しいパンチの出し方、基本のフットワークから。足の使い方をちょっと教わっただけでなんとスムーズにパンチの出ることか。

これで、猫パンチは卒業!(のはず!)

トレーナーがミットをつけ、「ジャブ、ジャブ、ストレート」「4回連続!」「8回連続!」と打ち込みを指示される。

 

「良いパンチャーだ!」と誉められて、調子に乗った私。

10分後。フィリピンの暑さの中、室内でもちろん空調もない中で、オーバーヒートした私は早くもダウン。立て、立つんだ、ジョー!と心で叫んでも、時すでに遅し。水分補給しつつ、ジムの隅で横になって回復を待ちましたが、先生に「もう、やったらだめ。」と言われ、タオルが投げられたのでした・・・。

 

他のKHeesたちは、サンドバックを使ったり、さらに複雑なフットワークを学んだりと順調にメニューをこなし、最後はスパーリングもさせていただけることになりました。

 

写真はこちらから↓ 

www.0421116eb.kalihimagsikan.com

 

違った角度の専門的技術をその道の専門家に教えていただく時間が、どんなに幸せで楽しくて、あっと言う間で貴重な経験なのか、ぜひみんなに聞いてください! 

私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com