Kali Himagsikan’s blog (カリ ヒマグシカン)

横浜で、フィリピン武術(FMA) カリ、やってます。スティックと、ブレードと拳と、クロスカルチャーと。

PTI philosophy : Pekiti Tirsia in the 21st Century (4/4)

【 Tuhonのメッセージを日本語にしてみた 】
 
もうすぐ来日されるTuhon Bill。2017年の1月にPTIのホームページに登場したTuhonのメッセージを、つたない日本語ですが、訳してみました。最終回です。
 
ヒュ~!ハンサムですね、Tuhon。
f:id:kalihimagsikan:20171116193648j:image
 
PEKITI-TIRSIA INTERNATIONAL IN THE 21st CENTURY by Tuhon Bill McGrath
 

英雄視への用心の仕方(そして、なぜ必要なのか)

もし、一度でも私のセミナーに参加したのなら、私が武道・武術の普遍的な法則に沿っていることがわかるでしょう。「インストラクターが持つテクニックが良ければよいほど、ジョークはひどくなる」と言いますが、クラスでの私の実践は、ムードを良くするために本当にひどい冗談を口にすることです。そして私の年齢、髪の生え際などについて意図的に自虐的なユーモアを使っているのをしばしば耳にするでしょう。ほとんどの武道・武術のトレーニングには、特に戦闘指向の場合、技術からカルト的なものに変化してしまう危険があります。特に、若い世代は、インストラクターへのヒーロー崇拝が自然の本能にあるため影響を受けやすいです。それを防ぐためにこうした姿勢をとっています。インストラクターへの健全な敬意が、道徳的、財政的、法的に問題のある生徒の盲目的な忠誠心と服従に至るのはほんの短いステップです。賢明なインストラクターは、武道・武術のトレーニングの目標であるべきもの、すなわち最初にあなたの生徒をあなたの所に連れて来た良いもの(自らと愛するものを守ることを学ぶこと、運動する楽しい方法、何かが本当に上手くなることへの満足など)に焦点を当てて、この特性に積極的に取り組んでいきます。

 

終わりに

聖書には「多くを授かっている人には多くが要求される。」という原則があります。多くの財産に恵まれているならばそれを地下に隠すのではなく、良いことに使いなさい、ということです。

ペキティテルシャは、世界でも完璧なマーシャルアーツシステムの一つです。正しく教えれば、とてもとても沢山の良いことを人々に示すことができます。このシステムあるいは生徒にとって良いものにするためにペキティテルシャを使うインストラクターに向けて、私はこのような方法でPTIを構築しています。

 

この方法でペキティテルシャが21世紀も成長を続け生き残ることを願っています。ペキティテルシャインターナショナルがこの目標に向かって将来的に進むために、どんな提案も歓迎します。

Tuhon Bill McGrath President PEKITI-TIRSIA INTERNATIONAL www.pekiti.com

 

原文はこちら。
 
 

いかがでしたか?

セミナーにいらして、21世紀のペキティテルシャシステムについてTuhonと語り合うのもいいですね。

 

では、今週末、お目にかかりましょう!

 

12/2(土)~3(日)Tuhon Bill Japan Seminar

https://ja-jp.facebook.com/kalihimagsikan/

連絡先:contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

 
 私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

PTI philosophy : Pekiti Tirsia in the 21st Century (3/4)

【 Tuhonのメッセージを日本語にしてみた 】
 
もうすぐ来日されるTuhon Bill。2017年の1月にPTIのホームページに登場したTuhonのメッセージを、つたない日本語ですが、訳してみました。今回は3回目。前回の続きからどうぞ。
 
この方たちは誰でしょう?
f:id:kalihimagsikan:20171116192922j:image
 
正解は左から
今も大好き!Tuhon Philip 
知ってる方も多いかな? Dan Inosanto(ダン イノサント)氏
まもなく会えます。Tuhon Bill
Doug Marcaidaの最初の先生。Omar Hakim氏
 
 
 
PEKITI-TIRSIA INTERNATIONAL IN THE 21st CENTURY by Tuhon Bill McGrath
 

PTIの認定トレーナー (Certified Trainer: CT

PTIにおいて最初のインストラクターレベル(Guro Isa)になるには平均5年かかります。

では、他のFMAのシステムを習得していたものがPTIカリキュラムを教えたいと思った場合、またペキティテルシャにおけるフルインストラクターの資格を持っていない場合はどうすればよいか。私はインストラクターへの足掛かりとしてペキティテルシャ認定トレーナープログラムを作りました。あるブロックの知識とスキルのレベルがインストラクターレベルにある場合、その個別のブロックにおいてペキティテルシャ認定トレーナーになるべくテストを受けることを要求できます。このことはペキティテルシャのセグメントにおいてFMAの他のシステムで認定を受けていたインストラクター、もしくは上級の生徒は、ランクが求める全てのテクニックを学ぶために5年といった歳月を待つ必要がないことを示します。

同様にひたむきに打ち込んでいるが身体的にハンディがある生徒はどうすればいいのか。片腕しかない生徒はシングルスティックテクニックでCTになり得ますが、ドブレやエスパダ イ ダガでは明らかな困難があります。この点について公平にCTプログラムで取り組んでいます。

 

ユニバーシティモデルとフランチャイズモデル

グランドトゥホンGejeはペキティテルシャシステムを「武道・武術の大学院」と表現しました。私がPTIを作った時、この考え方を取り入れ、武道・武術の大学として構築したいと願いました。つまり、生徒が既知のカリキュラムを学び、その単位を持って卒業し、その後、自分の方法で競っていくということです。

 

これは学校や先生が学校の存続のために財政的にそのシステムの長と結びつく「フランチャイズビジネス」モデルと呼ぶものと反しています。フランチャイズモデルがファストフードレストランにおいて良く機能する一方で、武道・武術の世界では良いモデルとは思いません。PTIのMataas na Guroはそのシステムを修了し卒業するため、新しい教材のために先生のところに戻る必要性がありません。一方、ファストフードレストランは絶えず親会社から商品や必需品を購入します。

PTIの構造をまとめると、生徒にとってもシステムの長期にわたる健全性にとっても、インストラクターが教えることのキャリアのために、「本部」と財政的に結びつくことは公平ではないと思いました。 (「二つ目の学ぶに基づくPTIの体制」を参照してください。)

 

PTI Mataas na Guroの多くの生徒はPTIに参加しますが、これは要求されるというよりは、自発的なものであり、メンバーシップの利点(テスト用のブルーブックやディスカウントのコード)のためです。どのスクールのいかなる生徒もPTIメンバーになることを強要されません。この部分での私からのただ1つの「要件」は、PTIクラブのディレクターがPTIメンバーであることです。私が送るそのクラブの証明書が役立ち、組織としての成果を得るための投資があると感じてくれると良いと思います。

 

*カリヒマグシカンでは、全てのKHメンバーにPTIへの登録をお願いしています。理由は以下の通り。

(ただし、KHでは、登録にかかる費用については、最大限の考慮をしています。)

1 PTIでペキティを習う一組織として、PTIに貢献し、支援するため

2 PTIのビデオへ通じる手段として価値があるため

3 PTIのブルーブックを通じてPTIカリキュラムのブロックの構成を知るため。また将来的なCTテスト受験のため

4 PTIの他のグループやメンバーとのつながりを持つ価値があるため

 
 
・・・今回はここまで。次回、最終回です。
 
原文はこちら。
 
セミナーは、もうすぐ!
12/2(土)~3(日)Tuhon Bill Japan Seminar
https://ja-jp.facebook.com/kalihimagsikan/

連絡先:contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

 

私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

PTI philosophy : Pekiti Tirsia in the 21st Century (2/4)

【 Tuhonのメッセージを日本語にしてみた 】
 
もうすぐ来日されるTuhon Bill。2017年の1月にPTIのホームページに登場したTuhonのメッセージを、つたない日本語ですが、訳してみました。今回は2回目。前回の続きからどうぞ。
 
40年のキャリアをもつTuhon Bill。左がTuhon。
f:id:kalihimagsikan:20171116192210j:image
 
PEKITI-TIRSIA INTERNATIONAL IN THE 21st CENTURY by Tuhon Bill McGrath

 

二つ目の学びに基づくPTIの体制

将来起こり得る、生徒やインストラクターの理解やトレーニングから、間違った方法でこのシステムが共有されていくことを防ぐようにPTIを構築しようと思いました。

例えば、マスターが亡くなったあと上級者たちが論争を始めたある流派があります。その流派の他のマスターによると、この亡くなったマスターは亡くなる前から問題を起こしていたと言います。彼は有料のプライベートレッスンで上級者たちを一人ずつそばに置き、この極意を手に入れるのは君だけだとそれぞれに言っていたそうです。(ただし、彼がしていたのは新しいものに見せるため、いくつかの型を組み合わせただけでした。)

彼が亡くなったあと、上級者たちの無意味な分裂が起きたのは、「この上級用の型を教えたのはたった一人、君だけだ」と一人一人に、それぞれの目を見て話したからでした。

また、既存のシステムを細切れにし、これまで教えたことのなかった「極意」と呼び始めたマスターもいます。そして、彼はこれらのシステムにおける「インストラクターの地位」というものを売り始めました。

 

将来のインストラクターがこのシステムとその生徒たちを悪用することを避けるために、PTIのカリキュラムには、一切の秘密にされるテクニックや極意など無いことは確かなことです。

Bを習う前にAを勉強し合格しなければならず、Zを習う前にYをしなければならないのは確かですが、その全てのテクニックが明確にPTIのウェブサイトにリスト化されており、さらに私のYouTubeチャンネルでそれらのサンプルを見ることができます。

(https://www.youtube.com/user/TuhonBillMcg).

これまで述べてきたこと全てを私が実行している目的は、ランクを政治的な駆け引きやしがらみから切り離すためでした。

 

北方アジアのシステムでは、有段者で上級の者に対し名誉的な段位が伝統的にあります。そのため6段保有者は5段保有者より技術の面で上をいくというわけではありません(3段か4段でその全システムを学ぶでしょう)。しかしながら、多くの流派で6段は5段以上に、フルインストラクターのレベルまで生徒たちをトレーニングし、そのことがその技術の生き残りを確かなものにしています。

このことは、そのシステムを完全に修了した人々にとっては正当なランクの行使ですが、いまだマスターのランクを保持していない、ということになります。PTIのランクではマスターの前のMaginoo Guro(またはそれより上)がこれにあたります。

PTIのランク一覧は以下にあります。

http://www.pekiti.com/wp-content/uploads/2012/04/PTI-RANK-CHART-1PAGE.jpg)

PTIにおいて起きてほしくないことは、マスターのセミナーに最も多くの生徒を呼んだインストラクターにランクを授与する、という慣習です。

PTIで私が最初にしたことの1つは、名誉的なランクとインストラクターのランクを分けたことです。グランドマスターのGajeは、初期の頃は、同じようにインストラクターのランクと名誉的なランクを分けて与えていたことがありました。もし、彼が誰かにそのシステムへの貢献に対する名誉をあげたかった場合、メンバーシッププロモーションアワードを与え、もしくは有名なファイターや愛国者が排出されたフィリピンの都道府県の名前が入った盾を贈りました。このことは、インストラクターとしてのランクと名誉的なランクの混乱なしで、しばしば彼の感謝を表す方法でした。

 

PTIでは、セミナーの開催やシステムの指導を通じてこのシステムを伝えるために、各地域におけるディレクターが任命されます。インストラクターという地位において公式なPTI代表というものを作らず、代わりにディレクターに任命します。そうして私はインストラクターのランクと、大きな組織を運営するために必要な機能を分けたのです。

 
・・・今回はここまで。次回をお楽しみに。
 
原文はこちら。
 
セミナーは、もうすぐ!
12/2(土)~3(日)Tuhon Bill Japan Seminar
https://ja-jp.facebook.com/kalihimagsikan/

連絡先:contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

 

私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

PTI philosophy : Pekiti Tirsia in the 21st Century (1/4)

【 Tuhonのメッセージを日本語にしてみた 】
 
もうすぐ来日されるTuhon Bill。2017年の1月にPTIのホームページに登場したTuhonのメッセージを、つたない日本語ですが、訳してみました。
 
4回に分けてご紹介します。
Tuhonの考え方や、なぜ私たちKHが彼に師事するのか垣間見れると思いますので、ぜひ読んでみてください。
では、早速第1回、スタート!
 
f:id:kalihimagsikan:20171116191531j:image

 

PEKITI-TIRSIA INTERNATIONAL IN THE 21st CENTURY by Tuhon Bill McGrath

フィリピン武術(FMA)の一般への、もしくは商業的な教授は、北方アジアの武道(空手、カンフーなど)に比べて比較的新しいものです。フィリピン諸島では何世紀もの間、自分の息子、孫や甥、あるいは自分の村の少年たちにしか教えませんでした。また序列やランク付けといったものもなく、ただ、親族に知っていることを教えるというだけでした。少年たちは、父親や祖父から完全な教えを受けていたことを疑ったことがありませんでしたし、彼らが教えられていたという事実はしばしば秘密にされていました。 何世紀にもわたる商業的な学校の歴史を持つ北西アジア(中国、日本などのことで、東南アジアのフィリピン、インドネシア、マレーシアなどと比較して)の国々では、学校を運営するテクニックと武道のシステムに関する豊富な経験がありましたが、ほとんどのFMAの学校では家族以外に教える経験において、北西アジアがもつシステムと同様に組織化された経験がありません。

昨今のFMAでは、そのシステムの長が死亡するケースが見受けられます。これは、財産を持っていた人が亡くなる状況によく似ています。長い間、姿を見せなった親族がどこからともなく現れ不動産の権利を主張し、家族は誰がどの家具を手に入れるかでもめる。隣人は、隣接する土地の部分が本当は彼らのものだったと主張したりします。

 

私がペキティテルシャシステムを海外に向けて組織する任務を与えられたとき、武道・武術で見られるランクに関する疑問や、継承に関して書面化されていないといった問題を解決するプロセスをつくりたいと思っていました。そして、歴史からの2つの学びが、ペキティテルシャシステムを次の100年間さらに成長させ、ペキティテルシャインターナショナル(PTI)を確立する手立てを模索する手助けをしてくれました。

一つ目の学びは、国の法律をすべての市民が見ることができるように、法律が書かれた石を都市の中心部にはっきりと配置したローマ共和国初期の時代から来ています。

二つ目の学びは、兵士が人(大統領)に対する忠誠心を誓うのではなく、法律(米国憲法)に誓った米国から来たものです。大統領が憲法を覆そうとした場合、議会は大統領を弾劾することができ、軍はその過程を妨害しないことを宣誓します。大統領ではなく、兵士が忠誠を誓う憲法こそが米国を偉大な国にするのです。

 

一つ目の学びに基づくPTIの体制

PTIにおいては、どのランクを誰が持つかについて、またそのランクに何が求められるのかは疑問があってはならないと思います。そのためPTIのウェブサイトでは、システムの概要、ランクへの要求事項を明確な文書で誰でも見ることができます。

PTIのメンバーになった場合、最初にPTIテストブック(「ブルーブック」と呼ばれます)を受け取ります。各ページにはランクの構造に基づきテクニックのブロックの名前が見て取れます。各テクニックの指導を受け完了した生徒がいた場合、インストラクターがブルーブックに記入する必要があります。また別の段にはPTI Guroによってサインされる場所がありますが、これは生徒がそのブロックにおいてテストに合格した際に使用されます。ブルーブックの各ランクを得るには、修了しなければならない特定のブロックがあります。例えば、Yakan(ペキティテルシャにおける最初のランク)では「Single Stick Subsystem」「Doble 12 Attacks」「Hand vs. Knife Basics and PTI Kickboxing」のテストに合格しなければなりません。また、Lakanでは、「Solo Baston Abcedario」「Adcedario De Mano」が求められます。

PTIにおいてインストラクターを取得した場合、証明書を発行することに加えて、すべての人々が見られるようにインターネット上でその事実を公表します。そうすることによって、インストラクターの地位をむやみに要求することはできません。

 
・・・今回はここまで。次回をお楽しみに。
 
原文はこちら。
 
セミナーは、もうすぐ!
12/2(土)~3(日)Tuhon Bill Japan Seminar
https://ja-jp.facebook.com/kalihimagsikan/

連絡先:contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

 
私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

Santa Claus? Tuhonがやってくる!

 【 Tuhon Bill Seminar とブログ予告 】
 
KH発足当時からの夢が一つ、叶います!
 
すでにご存じの方も多いと思いますが、私たちの師であるTuhon Bill (トゥホン ビル)をお招きして、Tuhonの日本で初のセミナーを12月2日(土)~3日(日)の2日間開催します。
 
12/2(土)~3(日)Tuhon Bill Japan Seminar
https://ja-jp.facebook.com/kalihimagsikan/

連絡先:contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

 

Tuhon来日まであと2週間ほど。セミナーの準備はもちろんのこと、Tuhonにとって初めての日本、どこに一緒に行こうかあれこれ思案中です。海外に出る時もそうですが、当日までのこのプランニングがまた楽しいんですよね!
 
Tuhonを日本に呼ぶことは、KHの夢の一つでした。sa先生はよく自分のことを、Tuhonに比べたら自分なんて「Nothing」だ、と言います。Tuhonと呼ばれる方がどんなものなのか、色々な理由で海外に行かれない人たちにも実際にTuhonに会って、体験して、たくさん吸収してほしいのです。
 
今年ニューヨークで行われた8月のPTI Summer campから。
f:id:kalihimagsikan:20171115193933j:image
f:id:kalihimagsikan:20171115194405j:image
f:id:kalihimagsikan:20171115194453j:image
f:id:kalihimagsikan:20171115194528j:image
f:id:kalihimagsikan:20171115194604j:image
f:id:kalihimagsikan:20171115194633j:image
 
そのために私たちは奔走します!が、まだまだTuhonを頻繁に呼ぶことができるわけではないので、今回のチャンス、たくさんの人に来てほしいです。
 
セミナーは英語で進みます。申し訳ないのですが、KHに英語堪能な人があまりいないので、みんなで助け合って進みます。先生やTuhonに質問がある方はこちらもがんばってフォローします。
 
それとTuhonについて、もう少しご紹介したいと思います。次回からTuhonが来日するまでに、Tuhonの英語のメッセージ「PEKITI-TIRSIA INTERNATIONAL IN THE 21st CENTURY by Tuhon Bill McGrath」を日本語に訳したブログシリーズを考えています。
  
なお、12月のセミナーはオープンセミナーで、まだ受け付け中です。
武道、武術経験者も、これからやりたい人も、KALIやFMAに興味がある方も、護身術として入る方、アクションに取り入れたい方、他の流派、スタイルやチームでも。
私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

 

横須賀米軍基地でSeminer準備

【 カーディオとEspadayDaga 】
 
横須賀米軍基地に勤務するKHメンバーに招待してもらい、2か月に一度くらいのペースで基地内でトレーニングを実施しています。
フィットネス大国アメリカの基地内ですので、トレーニング器具が素晴らしく充実していて毎回楽しみです。今では日本でも珍しくないものも多くなりましたが、きっとこれからも最新のものに触れる機会があると期待大、です。
 
先週は、Gabeがこの設備をフルに使って、30分間のWarm-upをリードしてくれました。ボクシングのインストラクターでもあるGabeのポイントは、ずばり、
 
「Endurance(持久力)」
 
1分ずつ×11種類のカーディオアクティビティ(メディシンボール、ケトルベル、ロープ & その他マシンなどなど)を1.5周、ボクシングwithサンドバッグをパンチの種類を変えて3分×5種類。
 
終わった時には汗ぐっしょりでしたが、マスクをつけて、グローブをつけて、スティックを持ってスパーリングをするには持久力が不可欠です。
 
私の好きなケトルベル。見た目可愛いのに、手ごわいヤツです・・・。
f:id:kalihimagsikan:20171114192646j:image
f:id:kalihimagsikan:20171114192709j:image
f:id:kalihimagsikan:20171114192737j:image
f:id:kalihimagsikan:20171114192754j:image
f:id:kalihimagsikan:20171114192824j:image
f:id:kalihimagsikan:20171114192843j:image
 
ウォームアップ後は、sa先生のリードのもと、エスパダイダガのドリルへ。
もうすぐ Tuhonがやってくる。その準備でもあります。
 
12/2(土)~3(日)Tuhon Bill Japan Seminar
https://ja-jp.facebook.com/kalihimagsikan/

連絡先:contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

 

汗をたっぷり流したあとは、基地内でランチ。すべてがアメリカ仕様なので、そのボリュームと豪快さに、またトレーニングしなくちゃと思います(笑)。
 
私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

今日のカリフィット

 【 飛んで、担いで、ゴムバンドと苦闘する 】

 

今日は月に1度のカリフィット。

今日のトレーニングは、いつにも増してキツかった。(私はやってない(笑))

 
飛んで、
f:id:kalihimagsikan:20171021201333j:image
担いで、
f:id:kalihimagsikan:20171021201409j:image
ゴムバンドと苦闘。
f:id:kalihimagsikan:20171021201501j:image
終了の合図。あまりの苦しさに声も出ず。
f:id:kalihimagsikan:20171021201538j:image
終わった、終わった!早くゴム取って…
f:id:kalihimagsikan:20171021201859j:image

すかさず、鬼軍曹(Coach Allan)の一言「Star Jump now!」「マジっすかぁ(涙)」
f:id:kalihimagsikan:20171021202230j:image

そして、道場はこうなるw

f:id:kalihimagsikan:20171021202322j:image

 

毎回かなりヘビーなカリフィット。でも、体が少しずつ変わっていき、ある日、あれ?締まってる?筋肉ついてる?と実感する時がきます。体ができるともっとカリを楽しめます。

 

12/2(土)~3(日)Tuhon Bill Japan Seminar

https://ja-jp.facebook.com/kalihimagsikan/

連絡先:contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

 

私たちのドアはいつでも開いています。

contact@kalihimagsikan.com (日本語対応。@は半角に書き換えてください。)

website: Kali Himagsikan

Facebook: Kali Himagsikan - カリ ヒマグシカン | Facebook

 

*初めての方はこちらも。 

kalihimagsikan.hatenablog.com

kalihimagsikan.hatenablog.com

広告を非表示にする